お問い合わせはこちら

東京 ☎03-3259-1511 メールでご相談>

大阪 ☎06-6292-1511 メールでご相談>




気候や地理、歴史や伝統文化が地域によって全く異なる国


タンゴ、サッカー、ワイン、そして数々の世界遺産。アルゼンチンは見どころ満載の国です。首都ブエノスアイレス自体もカラフルな町並みで有名な「カミニート」、ミュージカルや 映画でもお馴染みエビータも眠る「レコレータ墓地」、美しいピンク色の建築が印象的な「カサ・ロサーダ(大統領府)」、世界三大オペラ劇場に数えられる「テアトロ・コロン」 など魅力が満載ですが、必見中の必見は世界遺産の「イグアスの滝」とロス・グラシアレス国立公園の「ペリトモレノ大氷河」です。イグアスの滝のハイライト「悪魔ののど笛」と 呼ばれる滝壺は、季節によっては水しぶきでびしょ濡れになるほどの大迫力です。動く氷河として知られるペリト・モレノ氷河は近くまで接近することが出来ることで人気です。


イグアス国立公園ページトップへ>

イグアス国立公園
Iguazu
世界三大瀑布「世界遺産
イグアスの滝」の迫力に言葉も失う

南米大陸のアルゼンチンとブラジルの両国からアプローチ出来る世界遺産「イグアスの滝」。中でも最大の瀑布「悪魔の喉笛」は息を呑むほどで、自然の驚異に目を見張ることでしょう。世界三大瀑布の中でも川幅2.7Km、水量36億リットル/分と他の2つの滝をはるかに凌ぐ雄大さです。世界遺産となっているこのイグアス国立公園はかなり広いので、見所を効率よく回るようにしましょう。


ペリト・モレノ氷河ページトップへ>

ペリト・モレノ氷河
Perito Moreno
Glacier
青く輝く氷河に囲まれて、
地球の神秘を感じる。

世界一美しいと称えられるペリト・モレノ氷河。轟音を立てて崩れ落ちる氷河は迫力満点です!吸い込まれそうな蒼い氷河は、いつまで見ても飽きることはありません。ボートにも乗船して氷河側まで迫ります!また、船で対岸に渡り、氷河上のトレッキングもおすすめです。間近に見るだけでなく氷河の上を実際に自分の足で歩いて、自然の芸術をぜひ体感してください。


サルタページトップへ>

サルタ
Salta
「雲の列車」で雄大な大自然を感じる

“サルタ・ラ・リンダ(Salta la linda-麗しきサルタ)”という言葉で知られるフフイの隣州サルタ。ここを訪れる旅行者は皆、この言葉のとおりのサルタ州の美しさに魅了されます。旅行者に特に人気なのは“雲の列車(Tren de las nubes)”です。州都サルタ(標高1187m)より早朝に出発し、丸1日かけて標高3775mの町サン・アントニオ・デ・ロス・コブレスとの間を往復すします。スイッチバックを繰り返しながらアンデス山脈を走るその車窓からはアルゼンチン北西部の壮大な大自然を楽しむことができます。


ティエラ・デル・フェゴ国立公園ページトップへ>

ティエラ・デル・フェゴ国立公園
Parque Nacional
Tierra Del Fuego
世界の果て号に乗車し
古の歴史に思いを馳せる。

90種以上の動物や南極ブナの森林などが楽しめる公園で、1960年に国立公園に指定されました。広さは63,000へクタ-ル。公園内は高低差が少なく、ハイキングやトレッキングもおすすめ。フエゴ島の自然を満喫できます。一番のオススメは公園内を走る観光列車「世界の果て号」です。元々は、ウスアイア刑務所建設のために伐採した木材を運んでいた列車です。1947年に刑務所が閉鎖されるまで、世界最南端の鉄道として活動を続けていました。列車からは、馬やその他この地域で生息している動物が見られます。停車時には、このあたりの先住民YAMANAS族の生活様式を再現したレプリを見学できます。そのほか、マカレナ滝、泥炭の景色など、50分間の運行中に国立公園内の景色を楽しむことができます。


ウシュアイアページトップへ>

ウシュアイア
Ushuaia
世界最果ての街、
そして南極への旅立ちの街

世界最南端の街ウシュアイアは太平洋と大西洋を結ぶ海の交通の要衝で大型クルーズ船も寄航する港町です。街全体が免税地区となっているため、街には有名ブランドのお店が多く軒を連ねています。ビーグル水道クルーズや世界の果て号の乗車、ブナの原生林が広がる国立公園の散策など、ここでしか味わえない観光をお楽しみ下さい。


ブエノスアイレスページトップへ>

ブエノスアイレス
Buenos
Aires
アートにタンゴやサッカー、
48の地区に分かれる陽気な街

ヨーロッパからの移民が築いたブエノスアイレスの街は「南米のパリ」と呼ばれるほどヨーロッパ風の街並みを目指して築かれた歴史を持っています。道は碁盤の目になっているので歩きやすく、各地区に特徴があるのでとても観光がしやすい街です。歴史の始まったモンセラート地区、繁華街はサン・ニコラス地区、コロニアルな建物にノスタルジックなムードの漂うサン・テルモ地区、港沿いにある旧レンガ倉庫がお洒落なレストランに変身、昔ドックの場所が観光地となっているプエルト・マデーロ地区、タンゴが生まれ画家の卵達が露天を出すカラフルなカミニート(小径)が必見のボカ地区、など他にも山の手地区や長閑な地区など見どころは満載です。


バリローチェページトップへ>

バリローチェ
San Carlos
de Bariloche
「南米のスイス」で絶景を堪能する

『南米のスイス』の別名で知られるバリローチェは世界でも有数の絶景を誇る湖の岬の町です。バリローチェの中心に位置するカンパナリオ山(Campanario)にチェアーリフトで登頂し、バリローチェの全景を眺めるのがオススメ。自然豊かな緑にほのかに白色を帯びた山脈の峰々や、深く青い湖を下に臨むこの絶景は、「世界の絶景トップ10」に選ばれるにふさわしい眺めとなっています。 その他アンデス湖水地方のスタート地点、プエルト・パニュエロ(Puerto Panuelo)や、ロペス湾(Lopez Bay)などを訪れるのもおすすめです。


バルデス半島ページトップへ>

バルデス半島
La Peninsula
Valdes
海洋生物の宝庫バルデス半島で
動物と触れ合う

多くの海洋生物や海鳥が繁殖にやってくる、アルゼンチンで最も重要な自然保護区の一つです。7月~12月中旬にかけては親子のクジラが寄り添って泳ぎ、12月~3月にかけては子育て中のかわいらしいマゼランペンギンを見ることができます。半島のつけねの部分にあるプエルトマドリンという町に宿泊し、そこからバスツアーに参加するという旅行のかたちが一般的です。1時間ほど車に揺られ広いパタゴニアの平原を眺めてペンギンやアザラシ、海鵜のコロニーのある半島へと入っていく。運が良ければその道のりでグアナコやマーラ、ニャンドゥーなど、この地ならではの動物たちも見かけることができます。